宅配便がお届けする医薬品

自宅で受け取りが出来る宅配便を利用した医薬品サイトです。 - 塗って治すカンジタ症

塗って治すカンジタ症

真菌である、カンジダアルビカンスより、発症する感染症に有効な塗り薬を紹介します。
体内に潜むカンジタ感染症は、体調不良や性行為などで発症します。
現在は、抑制する抗真菌薬が発達していますので、諸症状である痒みや痛みを和らげる事が出来ます。
クリームタイプは、タブレットなどの、飲み薬が苦手な方にお勧めです。

錠剤と違い、真菌の潜む皮膚角質層に浸透して留まり、持続的に殺菌効果を発揮する特徴があります。
カンジタ症だけでは無く、癜風(でんぷう)や水虫、たむし等の皮膚真菌症に効果もある様です。

有効成分のテルビナフィン塩酸塩を配合した、ラミシールのジェネリック医薬品が有名です。
また、抗真菌薬の成分クロトリマゾールを中心とした、カネステンやクロトリマゾールクリームも人気です。
真菌の細胞膜を壊すことで殺菌する作用があり、カンジダ菌や水虫などの皮膚真菌症の治療に一般的に使われています。

使用する際の目安としては、ガンジタや水虫が発生している患部を、清潔にした状態で1日に2~3回クリームを塗布します。
症状や年齢での個人差がありますが、塗布する際は患部だけでなく、周辺まで広めに塗ってください。