抗真菌薬で治療

性病であるカンジタ感染症の治療には、抗真菌薬が使用されます。
もともと体内にある、カンジダアルビカンスという、カビの一種である菌が主な原因で発症します。
特に女性への発症率が高いと言われ、腸管や皮膚、膣の中に常在している菌です。
保有しているからと言ってカンジタなわけでは無く、一定に条件で影響が現れます。
健康な状態であれば、問題ありませんが、何らかの作用で体力や抵抗力が不足した時などに発症します。
他の疾患などの治療で、抗生物質の投薬による原因もあります。
その他のきっかけとしては、血液疾患、免疫不全症、糖尿病などの病名が挙げられます。
また、ステロイド剤、免疫抑制剤、抗菌剤、ピルの投与も抗生物質と同様に確認されています。
さらには、妊娠や月経前などによる、ホルモンバランスの崩れでも増殖が見られます。

そして、性器だけとは限らず皮膚、爪、口の中や口の周り、性器、膣、食道、眼などにもうつります。
菌が血液、心臓弁、腎臓といった器官で増えた場合も、発症するそうです。

直接の接触だけでなく、タオルや衣類を共用することによっても、感染する事があります。
医薬品 通販サイトで、有効成分配合の抗真菌薬があります。
早めの検査と、抗真菌薬の服用で、治療を行いましょう。

Copyright(c) 2014 宅配便がお届けする医薬品 All Rights Reserved.